福岡市城南区(南区・早良区)梅林の瀬戸循環器内科クリニックの院長・瀬戸拓のご紹介

  • 私はこれまで勤務医として大学病院や地域の中核病院、総合病院で循環器内科の専門外来や急患対応、集中治療室で最重症患者の診療に携わってきました。
  • そして九州大学病院救命救急センターの設立にスタッフとしてかかわり,また済生会福岡総合病院救命救急センターで救急医として診療を行うなど、各種救急疾患の初期診療にも従事してきました。
    これらの経験から、より専門的な循環器診療を提供するとともに、地域住民の方々の「ホームドクター」・「かかりつけ医」としてプライマリーケアをお届けして行くために、ここ城南区梅林の地に開業しました。
  • 開業を実現し、少しずつ見えてきたことは、現状の医療に満足していない患者さんが多いことと、適切な医療を受けておられない患者さんが多いことです。
  • 「真に質の高い」、「安全で」、「適切な医療」を提供せねばならないことを実感している毎日です。

プロフィール

外科から内科臨床医への転換
胸部外科(心臓血管外科・呼吸器外科)にて臨床研修を終え,系統化された産業医学トレーニングを学び,労働省管轄の特殊法人で労働衛生行政を垣間見て実際の産業医学の現場に入りました。診療所開設から健康診断システムなどをゼロから立ち上げたものの自分の求めていた医療とは違うことに気付き,一臨床医を目指すべく,九大循環器内科の門を叩きました。
循環器救急医として経験を積む
以来,済生会二日市病院,聖マリア病院にて循環器科診療に従事,数多くの患者さんやその家族と出会いました。特に循環器救急疾患を中心に,祝休日はもちろん昼夜を違わず多忙な日々を送りました。その経験を買われ平成17年5月に九州大学病院に助手として呼び戻され,救命救急センターの立ち上げに関わりました。平成19年4月より済生会福岡総合病院循環器内科部長として2年間循環器内科の救急対応や慢性疾患の治療,さらに指導者としての若手医師の教育にも携わりました。特に心肺停止患者に対するPCPS(経皮的心肺補助)治療の導入・管理・離脱に心血を注ぎました。しかし昨今の医療現場の矛盾や問題に直面したり,あるいは見聞きする中で,自分の力で理想の医療=真に質の高い安全な医療を追求したいとの思いが高まりました。
玄界島の診療所で原点を再確認
一人の医者として自身を見つめ直す想いで,平成21年5月から福岡市立玄界診療所(福岡市唯一の僻地診療所)に赴任しました。まさに医療の原点というべきところで,循環器内科だけでなく一般内科や小外科,皮膚科・泌尿器科・小児科,ときには救急医療まで,あらゆる疾患に対応すべく幅広い知識と経験,さらには深い人間性が要求されました。その結果,これまで自分が提供してきた医療や医療に対する姿勢は間違っていないと確信するに至り,循環器内科としての専門性を押し出して開業する決致しました。
意を決し「循環器内科」として開業
開業にあたり、母の俳句の師匠である「大岳水一路」先生から色紙に「一期一会」と揮毫して頂き、クリニック受け付けの壁に飾っております。これは九大病院救命救急センターで、正に救急医療の最前線で仕事をしていたときに実感した言葉です。「一瞬一瞬」を大事にし、患者さん「一人一人」を大事にするという日本古来の教えを、現在もこれからも、医療の現場に必要不可欠な心得として、また日々の戒めとして深く心に刻みながら、真に質の高い医療の提供を行っていく方針です。 また「他人に優しく、自分に厳しく」、「人事を尽くして天命を待て」という父の教えを肝に銘じ、患者さんに優しく接し、患者さんの目線で、患者さんを大事にする医療を目指す決意を新たにし、「自分は自分の成すべきことを成す」所存です。
平成17年~
九州大学病院 救命救急センター
集中治療部 助手
各科から集められたメンバーと一緒に救命救急センターの立ち上げに関わりました。最重症の多発外傷や脳血管障害、虚血性心疾患、または心肺蘇生が必要な救急患者の対応に明け暮れました。特にPCPS(経皮的心肺補助)の導入・管理・離脱に力を注ぎました。
平成19年~
済生会福岡総合病院
循環器内科 部長
福岡市天神にある第3次救急病院にて,急性心筋梗塞・急性大動脈解離や急性心不全,不整脈等の循環器系急性疾患の診療(特に超急性期における診断・治療)に携わりました。
平成21年~
福岡市立玄界診療所
院長
循環器内科医としてではなく,ひとりの医師として自分を見つめ直すため、博多湾の入り口にある玄界島の診療所に1年間赴任しました。内科のみならず,外科や小児科のプライマリーケアや学校医なども担当しました。また急患対応のため,ヘリ搬送も数回ありました。
平成22年~
済生会福岡総合病院
救命救急センター 救急部 部長
救急車で来院する重症外傷患者や循環器系・呼吸器系・脳血管系の救急患者の初期対応やCPA患者への救急蘇生などに従事しました。
平成22年12月1日
瀬戸循環器内科クリニック 開業

TOPページ院長紹介循環器科内科とは?|診療方針|施設紹介診療案内・アクセス

瀬戸循環器内科クリニック
〒814-0144 福岡市城南区梅林2丁目27番13号
TEL:092-874-1877 FAX:092-874-1876